ファットバイク一言で言うと「楽しい!」に尽きます!

MTBやフォールディングバイクなどを中心にオリジナリティの高い商品ラインナップで人気のKHS

ファットバイクは簡単に言うと極太タイヤのMTBです。
通常のMTBのタイヤは太さが2インチくらいですが、ファットバイクは3~5インチとかなり太くなります。
タイヤが太い分オフロードにおける走破性が高くなり、通常のマウンテンでは走りにくい雪道での走行なども楽しめます.

通常のMTBではほぼ必須の装備であるサスペンションもファットバイクでは装備しないモデルが多く、
エアボリュームの大きい極太タイヤがある程度サスペンションの役割を果たしてくれます。
これだけタイヤが太いと重さが気になる方が多いと思いますが
一般に販売されているファットバイクの重量は15~17kg台のものが多く通常のMTBよりも重いのがほとんど
KHS製FAT BIKEは8万円台のATB-200でも13kg台
実際に走ってみると漕ぎ自体は思ったほど重くなく、トレイルライドも難なくこなせます。
フレーム素材はアルミのフルリジット仕様となり、走破性とクッション性を兼ね備えた4インチの大ボリュームなタイヤを装備。
トレイルを走ってもよし、雪道を走ってもよしのATB-500ですが、
ゆっくりと町乗りをするのも見た目のインパクトがあってで面白いでしょう。
あまり難しいことは考えずに純粋に乗ることを楽しめる、ファットバイクはそんなバイクです!
「普通のロードバイクやクロスバイクにはちょっと飽きたな」という方、ぜひこのATB-500をご検討下さい!

秘境の郷ノ極太タイヤバイク プロショップキッド