健康寿命の伸ばすには最適なツール

が自転車・・・・
健康寿命を伸ばしたいと 多くの中高年が、ウォーキング、ジョギング、ジム、登山にいそしんでいます。
実は、自転車は、これらの運動以上に効果的に健康寿命を延ばすための方法としてとても優れた効果が期待できます。
が、残念なことにあまり知られていません。
なぜなら、メジャーな自転車ブランドは、より華のある
レースシーンのイメージで長年自転車を売り続けようとしてきたからです。
さる大学の教授によれば
「自転車のエネルギーコストは、ランニングのおおよそ1/3」だそうです。
30kmサイクリングすれば、10kmのランニングと同じ効果を ほぼ期待できるということです。
10kmはランニングはできないけど・・・・30kmのサイクリングなんてそんなに難しくない
実際に、心拍計でそれぞれ計測したところ、10kmのランニングで約900kcal前後消費
わずか30kmで900kcal、1日120km程度のサイクリングをして、
約4倍の3600kcalを消費するということです。おおよそフルマラソンの消費カロリー。
まあ天気も考えると
会社型人間にしてみれば自転車は毎日難しいので丁度いいのが自転車
話は変わりますが
最近専門誌にはリムブレーキが危険である発言
長い間軽量化が何より大事なこととして取り上げてきたのに
リスクとの折り合いと称した言い方(表現を変えただけ)で
ディスクブレーキが重くなるが 何より安全である
広告売り上げ第一の自転車専門誌
ディスクブレーキに活路を求めている各メーカー様の為
まったく(この本の内容には問題ある箇所があります。)
良識のある方のみ閲覧ください。提示すべし
まったく 自転車業界ってとんでもね~

秘境の郷ノ保守勢力店キッド