業界変革

T社も大変な状況ですがここまではとても とても
ついにS社は、量販店に活路を求めだしました。
一昨年からはじめた通販も成果が上がらなかったのでしょう
お隣のハヤ○○サイクルへ販売をはじめました。
近郊の今まで販売してきたお店には難儀なことでしょうね
100%OEM生産 ブランド勝負のメーカー
ブランドはこうなって失っていく
安定期にはいった業界 あらゆるメーカーが大変です。
ハイエンドと称する自転車に
特筆するメカなり スキルの在るものがないのも原因
ほとんどコンポーネントがすべての乗り物 
シマノに左右されている現状が続いています。
フレームの形状が違うくらいでは
マスプロ生産ではどうしようもないか 

風評もかなりありそうですね